お食い初めの宅配便

MENU

お食い初めは、宅配料理セットが人気!おすすめ宅配ご紹介!

赤ちゃんにとって、初めての食事である「お食い初め」。

 

縁起の良い食品を食べたり、健康や幸福を願う儀式でもあるため、子供の健やかな成長やよき未来を願う親御さんにとっては、外せない行事のひとつでもあります。

 

そんなお食い初めについて、元々は自宅での手料理、もしくは料亭の祝い膳が一般的であったのが、近年では間を取った「宅配セット」が人気となっているようです。

 

はたしてお食い初めの宅配セットとはどのようなモノなのか。
また、初心者がマスターすべきお食い初めの準備とは何か。

 

本記事では、詳しくお伝えしていきます!

 

『お食い初め』ってどんなこと?

そもそも「お食い初め」とは何なのでしょうか。
ここではその意味や、もちいられる食材。
そして必要な道具などについて、イチから詳しくご紹介します。

 

 

意味

「お食い初め」とは、言葉どおり生まれたばかりの赤ちゃんが初めて箸を使って食事をすること

 

とはいえ、自分の手で箸を持ったり、咀嚼をするのはむずかしい時期なので、親族の中で最年長者(主に祖父母)が食べさせ役となり、「食事のまねごと」をする行事です。

 

日取りについては、生後およそ100〜120日目
この日に食事をすることで、「子どもが一生、食べ物に困らないように」と祈る大切な儀式でもあるのです。

 

 

別名

お食い初め以外にも、「箸はじめ」「箸ぞろえ」「歯固め」などの呼称があります。

 

意味としては、前の2つについては初めて箸を使うことから来ています。
最後の「歯固め」については、丈夫な歯が生えそろいますようにという願いをこめての呼称とされています。

 

いずれにしても、初めての食事を契機として、赤ちゃんの健やかな成長を祝う儀式としての意味を持っているのです。

 

 

食材

お食い初めでは、日本の伝統行事で用いられる「縁起の良い食材」を使っています。
ここでは、食材のもつ意味と食べ方について、表形式で見ていきましょう。

 

食材名 縁起物としての意味 食べ方
赤飯 ・「赤色」には厄除けのご利益があるとされている。
・子供の健やかな成長・幸せへの祈りを示している。
主食
鯛・祝い鯛・祝鯛 ・一生涯「めでたい」ものであるように、という祈りを込めている。
※1……「めでたい」と同じ語感から、祝福を意味している。
※2……皮は赤・身は白という色合いは、「一生(赤ちゃん〜死装束を着るまで)」を表す。
焼き魚
はまぐり ・「良き結婚相手と出会えるように」という祈りを込めている。
※『2枚合わさる貝』のように仲睦まじい結婚相手、という意味をもつ
お吸い物
サトイモ ・子宝に恵まれる、子孫繁栄などの意味をもつ 煮物 (筑前煮)
ごぼう ・地を深く根を張るように。「堅実に生きるように」という意味をもつ 煮物 (筑前煮)
たけのこ ・タケノコのようにまっすぐすくすくと伸びて(=成長)いくようにと意味をもつ 煮物 (筑前煮)
れんこん ・レンコンのように見通しのよい、明るい将来になるようにとの意味をもつ 煮物 (筑前煮)
紅白なます ・お祝いの水引に似ていることから、祝福などを意味する 酢の物
たこ ・「多幸」と音が似ていることから、幸せを祈る意味をもつ 酢の物

 

上記表にあるように、お食い初めでもちいる食材は「音」「色合い」などに掛け合わせた、縁起物の食材をたくさん取り入れているのです。

 

このほか、食材同士の掛け合わせ。
たとえば、エビとレンコンを吹き寄せにすると、長寿と明るい将来を祈る食べ物になる、とされています。

 

※ エビは長いひげ・曲がった腰を持っていることから、「長寿」を意味しています。

 

 

必要な3つの道具

 

お食い初めには、3つの道具。

 

具体的には

  • 歯固め石
  • 漆の祝い膳
  • 祝い箸(=柳の白木箸)

が必要になります。

 

歯固め石とは、赤ちゃんの口に触れさせる小石のこと。
「何でも食べれる、丈夫な子に育ってほしい」という願いをこめるために必要なモノでもあります。

 

伝統的な方法としては氏神様のいる神社境内から拾った石を使いますが、通販をはじめ、購入したものを使用することも可能です。

 

食器については、漆素材の高脚膳を用意します。
色は、赤ちゃんの性別によって異なり

  • 男子であれば内側外側共に朱塗り
  • 女子であれば内側は朱塗り・外側は黒塗り

の漆器が必要です。

 

お箸については、柳の白木を用意しましょう。

 

 

食べる順番

お食い初めの膳を食べる順番は、以下のとおり。

 

【1】赤飯→【2】お吸い物→【3】赤飯→【4】鯛の姿焼き→【5】赤飯→【6】お吸い物→【7】赤飯→【8】煮物→【9】赤飯→【10】お吸い物→【11】赤飯→【12】酢の物→【13】赤飯→【14】お吸い物→【15】赤飯→【16】歯固め石→【17】赤飯→【18】お吸い物→【19】赤飯

 

このように、お赤飯から始まり、椀物やその他のおかずにお箸を付けてから、またお赤飯へ戻るのを繰り返すという食べ方が一般的です。

 

 

自宅で行うメリットとデメリット

さて、ここまでお食い初めの基本的な知識について触れてきました。
この項目では、お食い初めを自宅で行うメリットとデメリットについて、詳しく見ていきます。

 

 

自宅で行うメリット

お食い初めを自宅で行うデメリットは、ズバリ3つ。

 

  1. 予約の時間・周囲の客に気遣わなくて良い
  2. 家族や赤ちゃんが体調不良になった場合も対応しやすい
  3. 赤ちゃんのストレスが比較的小さく済む

 

なんといっても、イチバン大きいのは「自分のペースで出来る」ということ。
レストランや料亭とは異なり、自宅であれば、お父さん・お母さん・赤ちゃんにとって都合の良いタイミングで行いやすくなります。

 

また、赤ちゃんがぐずったり、おむつを替えて欲しいと泣いた時など、すぐに対応できるのも、非常に良ポイント。

 

自宅でお食い初めをすることは『赤ちゃんの今後の健康を祝うイベントだから、赤ちゃんにとって過ごしやすいようにしてあげたい』と考えるお母さんにとって、ピッタリなやり方と言えるでしょう。

 

 

自宅で行うデメリット

ただし、お食い初めを家で行うことにもデメリットがあります。
それは、「食事の準備をぜんぶ自分でやらなければいけない」ことです。

 

すでにご紹介した通り、お食い初めは鯛や昆布、筍と言った食材、さらには、漆食器や、白木の箸、歯固め石など、用意するものがたくさんあります。
また、料理に関しても、全部作るのには結構な時間が掛かってしまいます。

 

料理を担当するお父さん・お母さんが、下ごしらえや準備に追われ、寝不足となってしまう可能性もあります。

 

 

料亭・レストランで行うメリットとデメリット

それでは、お食い初めを料亭やレストランで行うと、どうなるのでしょうか。
メリットとデメリットについて、詳しく見ていきます。

 

 

料亭・レストランで行うメリット

お食い初めを料亭やレストランで行うメリットは、ズバリ「ラク」であること。
自宅でやる人にとって悩ましい、食材の到達や、調理時間の確保など、面倒くさいことをしないで済む点にあります。

 

お店で行う場合は、事前に予約を入れる際「お食い初めをする」との旨を伝えるだけでOKです。
これだけで、必要な食材から、食器、道具まで、お店がすべてセッティングをしてくれます。

 

また、有名なホテルのレストランや老舗の料亭で行うとなれば、見栄えもバッチリ。
さらに豪勢で味も文句なしと、お子さんのお食い初めを祝うのにはピッタリな雰囲気を演出できるでしょう。

 

 

料亭・レストランで行うデメリット

そんな料亭・レストランでのお食い初めですが、デメリットは「高価」である点です。

 

一般的に、料亭で頼むお食い初め膳は、お子さん1人あたり5,000円〜10,000円程度
大人の食事代もプラスすると、10万円以上かかってしまうケースが多いです。

 

また、当日近くになって家族や赤ちゃんが体調を悪くした場合。
柔軟な対応ができず、キャンセル等にお金がかかってしまうのもマイナスポイントといえるでしょう。

 

 

宅配料理セットが人気

これじゃあ、レストランも自宅も気が進まないなぁ……

 

そんな親御さんにおすすめしたいのが、宅配による仕出し料理の活用です。
ここでは、お食い初めの宅配セットのメリットを詳しくお伝えしていきます。

 

 

メリット1:手のかかる料理をしないで済む

お食い初めといえば、鯛の尾頭付きをはじめ、普段は作らない豪華なメニューもたくさんありますよね。

 

これらのちょっと面倒な料理について、宅配料理セットを使う場合はすでに完成している料理をそのまま使用すればOKです。
そのため、赤ちゃんのお世話で忙しかったり、準備に時間が取れなかったりする親御さんでも、負担となることなくお食い初めに臨めます。

 

また、注文方法についても「自宅からの電話・インターネット予約」が可能で、その手軽さも、宅配料理セットが最近人気を集めている理由の1つです。

 

 

メリット2:自宅でリラックスして行える

自宅で出来る最大のメリットは、リラックスできること。
赤ちゃんがぐずった時やおむつ替えにも、いつものペースで対応しやすく、レストランや料亭で行うよりストレスが少なく臨めます。

 

また、移動する手間がないというのも、気楽に行いやすくメリットといえるでしょう。

 

 

メリット3:宅配料理セットの種類が多い

宅配料理セットは、種類が豊富です。
専門の会社のほか、有名な料亭などでも出品しているため、様々なものの中からお好みのタイプを選びやすくなっています。

 

また、メニューもお子様向けであったり、豪勢であったり。
利用者のニーズに合わせて様々そろっているのも魅力的です。

 

 

おすすめの宅配料理セット

ここでは、おすすめの宅配料理セットを5つご紹介します。
いずれも人気が高く、味がおいしいと口コミが寄せられているタイプです。

 

お選びになる際は、参考にしてみてくださいね。

 

 

(仕出し懐石弁当)お食い初め膳/おくいぞめぜん

天然モノの良質な鯛や、ごぼうの牛肉巻き。
独自のカステラ玉子焼きや、紅白なますなど。

 

厳選した素材をこだわって調理した、お食い初め膳となっています。

 

お子さんはもちろん、お父さん・お母さんとして初めてお食い初めに臨む人にも嬉しい、オールマイティなセットです。

 

 

博多久松 お食い初め 焼鯛セット

見た目の華々しさで選ぶのなら、「博多久松」がおすすめ。

 

全長が40cmとしっかりした大きさの鯛をはじめ、13種類の料理があります。
このほか、鯛をのせる時に使う金の敷紙や、寿の敷紙、そして、寿の水引きと、飾り付けもバッチリ付属。
豪華な雰囲気のお食い初めの演出を可能にしたセット内容となっています。

 

 

東京正直屋 お食い初め料理 二段セット

本格的なお食い初めセットを選ぶのなら、東京正直屋がオススメ。
東京正直屋のお食い初めは、お祝いにピッタリな白木の二段重箱入り。

 

鯛やお赤飯、タケノコ、タコ、エビ等々。
上で紹介したような、鉄板のお食い初め料理がギュッと詰まっています。

 

付属の歯固め石は、神社によってご祈祷済み。
さらに、お祝いにピッタリなおいしい鯛めしのレシピも付いています。

 

縁起の良さや、堅実に行事をおこなうことを重視するなら、まさにピッタリなセットといえるでしょう。

 

 

【お食い初め】願い膳

シンプルなお食い初め膳を希望する場合は、人形町にある今半の「願い膳」がおすすめ。

 

お赤飯・香の物・お吸い物・鯛の尾頭・梅干し・歯固め石。
まさに、お食い初め膳のビギナーにとっても分かりやすい、ベターで基本的な食材・道具を用意しています。

 

要となるポイントを押さえて、つつがなくお食い初めをしたい。
そんな親御さんに、ピッタリなセットと言えるでしょう。

 

 

石川県から漆塗りのお食い初めセット

食材はもちろん、食器にだってしっかりこだわりたい。
そんな親御さんにおすすめしたいのが、「石川県からの漆塗りお食い初めセット」です。

 

輪島塗など漆塗りで有名な石川県の職人さんがつくった器は、零しにくく持ちやすく、まさに「食い初め」に最適です。

 

さらに、付属のお箸は、能登半島のあすなろの木から採られたもので、「明日大きくなろう」という願いを込めて作られている、縁起の良いお箸でもあります。

 

お食い初めの儀式をを大切に執り行いたい。
そんな親御さんにピッタリなセットです。

 

 

一生に一度のお食い初めを最高の思い出に!

宅配のお食い初めセットについて、いかがでしたでしょうか。
節約志向が高まっている最近の家庭では、徐々に人気を集めているこのサービス。

 

華やかな雰囲気を演出できる飾り等も用意していることもありますし、美味しい料理や、伝統などにこだわりを持ちながらも、手軽に儀式が行えるというのは非常に嬉しいですよね。

 

一生に一度しかない、お食い初め。
せっかくなら、赤ちゃんにとっても、親御さんにとっても、居心地の良い快適な空間の中で、思い出に残る一日にしたいものです。

 

それから、シャッターチャンスを逃さないように
記念日にスタジオでの撮影も良いですが、赤ちゃんがリラックスしている、自然な表情を撮れる、自宅ならではの写真も良いものです。

 

可愛らしく健やかな我が子を写真にしっかり収め、思い出に残る、楽しいお食い初めの儀式にしましょう

 

 

まとめ

 

  • 「お食い初め」とは、赤ちゃんが生まれて初めてお箸を持って食事をすること。日本における子供の通過儀礼のひとつ
  • お食い初めの際は、縁起物の食事を摂る。また、順番や使う道具についても決まっている
  • お食い初めは、自宅。もしくは料亭などの飲食店で行う
  • 自宅で行うメリットは、気楽さ。料亭で行うメリットは、準備のラクさにある。
  • 近年は、上記の方法のあいだをとって「宅配料理」によるお食い初めが浸透してきている